AWSの活用を支援する「APN パートナー」

AWSは様々なサービスがあり、必要に応じてサービスを使い分ける必要があります。適切なサービスを使い分けるためには深い知識と経験が必要となります。

AWSには、APN(AWS Partner Network)というパートナープログラムがあり、AWS活用の支援を受けることが可能です。自社で対応しきれない場合は、APNパートナーを中心に支援先を探していきましょう。

APNパートナーは2つの種類にわかれています。

  • コンサルティングパートナー・・・AWSについての相談や導入、運用を支援
  • ISVパートナーパス・・・SaaS、パッケージベンダーのパートナー

この記事では、AWSの活用を支援する「コンサルティングパートナー」について紹介していきます。

 

APN コンサルティングパートナー

コンサルティングパートナーは、AWSについての相談や導入、運用を支援するパートナーです。

パートナーには、4段階のティア(階層)があります。

APNパートナーのランク
APNパートナーのランク

コンサルティングパートナーのティア

セレクトティア以上のティアへ昇格するためには、必要な要件を満たす必要があります。「アドバンスト」以上のティアは、多くの実績、エンジニアの体制、顧客満足度が求められているため、パートナー選びの参考にすることが可能です。

要件 プレミア アドバンスト セレクト レジスタード
年間費用 $25,000 $25,000 $25,000
AWS プロフェッショナル認定 取得者数 20名 8名 4名
AWS 基礎認定技術者数
(クラウドプラクティショナー)
10名 4名 2名
AWS 認定技術者数
(アソシエイトレベル以上)
25名
うち、最低10人は
プロフェッショナル/専門知識
4名
うち、最低3人は
プロフェッショナル/専門知識
1名
年間ローンチ案件数 50件 20件 3件
月額利用料 $50,000 $10,000 $1,500
パートナービジネスプラン 必要 必要
技術プログラム検証 3件
うち1つは、
MSPまたはDevOpsコンピテンシー
必要
AWS VPクラスによるビジネスレビュー 必要
要件を満たし続ける必要がある期間 6か月
公開事例 6件 2件 1件
顧客満足度(CSAT)回答数 30名 20名 5名

※AWS認定技術者資格については、AWSに関する資格をご確認ください。

レジスタードティア

レジスタードティアは、APNパートナーの中でも一番初めのティアとなります。APN(AWS Partner Network)へ登録することでパートナー登録が可能です。

本格的なパートナー条件があるセレクトティアへ昇格の準備をするための階層となります。

セレクトティア

APNパートナー参加企業がまず初めに目指すのがセレクトティアです。

セレクトティアより、パートナーの年会費が発生します。さらに、3件以上の実績やアソシエイトレベルの資格取得、公開事例などの条件が出てきます。

セレクトティアのパートナーは、AWSの活用支援を始めて、具体的な実績が出てきた企業と言えるでしょう。

アドバンストティア

アドバンストティアになると、年間ローンチ案件数が3件から20件まで跳ね上がり、AWS認定技術者のプロフェッショナルレベルが3名以上必要になるなど、昇格条件が一気に厳しくなります。

このクラスになると、実績はもちろん、AWSの活用を支援する十分な体制が整っている企業と見ることができます。また、ビジネスプランの提示が求められることからもわかる通り、AWSのビジネスにコミットしている企業でもあります。

アドバンストティアのパートナーは、AWSの活用支援の十分な実績と体制がある企業と言えるでしょう。

プレミアティア

プレミアティアになると、さらに条件が上がり、日本では10社のみが登録されています。次のような有名どころのSIerやAWS専業の企業などが名を連ねています。

  • クラスメソッド株式会社
  • アイレット株式会社
  • 富士ソフト株式会社
  • 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
  • 日本電気株式会社
  • 株式会社野村総合研究所
  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  • SCSK株式会社
  • 株式会社サーバーワークス
  • TIS株式会社

コンサルティングパートナーの選び方

コンサルティングパートナーは、「実績」「体制」「信頼」を中心に選ぶと良いと思います。

「実績」「体制」については、APNパートナーのティアが参考になります。

当然ながらプレミアティアの企業が最も充実していますが、企業数が少なく相談するのが難しいかもしれません。

その点、アドバンストティアになると、企業数が増え相談しやすいのではないでしょうか。「SIer」「MSP事業者」「コンサルティング事業者」など得意な分野が異なっているので、自社が必要とする領域にマッチした企業を選ぶようにしましょう。

逆にセレクトティアやレジスタードティアでも、自社との過去実績があり信頼できる企業の場合は、良い選択かと思います。

まとめ

AWSの活用を支援するパートナー、APNのコンサルティングパートナーについて紹介をしました。

新規にAWSを活用するためのパートナーを選ぶ場合は、どのティアにいるかを確認し、「アドバンスト」以上かどうかを一つの目安としてみてはいかがでしょうか。


AWSとは?初心者の人にもわかりやすく解説
 AWSの特徴やメリット/デメリット
 AWSの代表的なサービスで実現できること
 AWSの導入事例・実績
 AWSの活用を支援する「APN パートナー」
 AWSに関する認定資格 ← 次の記事
 覚えておくと良い用語集