ミドルウェアまで対応可能な
AWS運用代行サービス

豊富な運用経験を持つディーネットのエンジニアが、お客様ご提供サービスの安定稼働を24時間365日、強力にサポートいたします

  • AWS運用フェーズは
    全てお任せください

    安定稼働に必要不可欠な、運用設計から実際の運用まで対応いたします。導入でお困りの場合は、AWS導入のご支援も行っております。
  • 稼働中のAWS環境についても
    対応いたします

    運用中のAWS環境についてもお任せください。環境資料がない場合は、サーバへのログイン等を通して環境調査を行います。
  • 自社エンジニアが
    24時間365日体制でサポート

    運用に精通した自社エンジニアが、24時間365日体制で、お客様システムの安定稼働を支援します。

AWS運用プラン内容

料金 プロダクト(本番環境)プラン カスタムマネージドプラン
月額費用 30,000円 / 台 個別見積
サービス内容
クラウドサービス利用料決済代行(円建て請求書)
※決済代行をご利用の場合は、
月額費用のお値引きをいたします
ステージング環境、開発環境など、プロジェクトのご要件に合わせた運用設計を行います。
運用プランのカスタマイズ例は[こちら]からお問い合わせください。
監視通知(目視確認込み)
監視通知(オート通知)
障害/インシデント一次対応
障害/インシデント恒久対応
24時間365日テクニカルサポート窓口
インフラ設定作業
作業代行(手順書必須)
ログ管理およびインフラ環境調査
攻撃時の調査および対策
セキュリティアップデート
設計書類ドキュメント作成および更新
アクセス制御管理

※すべて税抜き価格となっております

※クラウドサービス利用料決済代行は、一部のクラウドサービスの種類においては、消費税および数%の手数料が発生します

※クラウド利用料は含みません

無料相談会 オンラインMTGで随時実施中

 お気軽にご相談ください 

サービス内容詳細

  • クラウドサービス利用料決済代行
    (円建て請求書)

    お客様のAWSアカウントを、ID発行から、支払いまで一括管理でお任せいただけます。お客様は当社から発行される請求書にて、ご利用料金を日本円でお支払いいただけます。
  • 監視通知(目視確認込み)

    運用設計に基づき監視を行います。検知時にはエンジニアによる状況確認のうえ通知いたします。
  • 監視通知(オート通知)

    運用設計に基づき監視を行います。検知時にはお客様に直接通知を行うことも可能です。
  • 障害/インシデント一次対応

    運用設計に則った監視を行います。アラート検知時には、現状復旧させるための一次対応を実施いたします。所定手順による対応以外にも、弊社ナレッジによるお任せ復旧対応も可能です。
  • 障害/インシデント恒久対応

    障害が再発しないように、根本原因の対策のご提案を行います。
  • 24時間365日
    テクニカルサポート窓口

    自社エンジニアの、24時間365日のチーム体制で運用を行います。休日深夜のお問い合わせや設定対応も受け付け可能です。
  • インフラ設定作業

    運用中に発生する様々な設定変更について、無償で対応いたします。運用コスト抑制のほか、毎回稟議にかける必要がないためスピーディーな対応が可能となります。
  • 作業代行(手順書必須)

    お客様作成手順に基づき、作業代行をいたします。夜間や休日対応も可能です。
  • ログ管理およびインフラ環境調査

    お客様の依頼にもとづき、ログの調査を実施いたします。
  • 攻撃時の調査および対策

    お客様サーバが攻撃を受けた可能性がある場合は、ご依頼に基づき各種ログから攻撃の痕跡調査いたします。
  • セキュリティアップデート

    セキュリティアップデートが必要な場合は、セキュリティアップデート作業を実施します。
  • 設計書類ドキュメントの
    作成および更新

    運用設計ドキュメントの作成および更新管理を行います。
  • アクセス制御管理

    セキュリティグループをはじめとして、アクセス制御の管理を行います。

導入事例インタビュー

DENETがご支援させていただいたお客様の声をご紹介します。


  • 27%のインフラコスト削減を実現
    メディア露出対策が必要なブランドサイトをAWSへ移行

    株式会社マザーハウス


  • オウンドメディアをAWS上で立ち上げ
    相談できるインフラパートナーとしてディーネットを選定

    株式会社マーケティングリサーチサービス様


  • AWSへ移行し、セキュリティと可用性を強化
    お客様の要求に自信を持って応えられるプラットフォームへ。

    トスメディカル株式会社様


無料相談会 オンラインMTGで随時実施中

 お気軽にご相談ください 

ご利用の流れ

フェーズ 概要
ヒアリング お客様の課題やご希望についてヒアリングを行います。
現行調査 現行環境の詳細について調査を行い、運用提案および対応可否判断を行います。
ご提案 運用についてのご提案を実施いたします。
運用設計 詳細な監視設計や一次対応手順、連絡フローの設計を行います。
監視設定導入 対象サーバへ監視エージェントの導入を行います。また、監視システムへ監視設定を投入します。
運用開始 監視の導入が完了したら運用を開始します。
運用 運用中は、24時間365日のテクニカルサポートが、お客様システムの安定稼働につとめます。

ご利用シチュエーション

  • 本業に集中したい


    AWSへ移行することで、ハードウェアの管理から解放されます。ディーネットへ運用をアウトソースすることで、ハードウェアに加えて、OSやミドルウェアについての管理や日々のトラブル対応が不要になるため、本業に集中することが可能です。

  • 24時間365日体制を組むのが難しい


    自社で24時間365日体制を組もうとすると、最低でも10人程度のメンバーが必要になり、大変なコストが発生します。あらかじめ24時間365日体制を組んでいるディーネットへ依頼することで、大幅にコスト削減が可能になります。
  • インフラ知識が不足している


    AWSで運用する時の大きな課題の一つは、日々追加・更新されるサービス仕様の把握です。インフラエンジニア集団であるディーネットが、インフラ知識とAWS知識の不足を補います。
  • インフラ運用が属人的になっている


    インフラ運用が属人的になっていると、運用担当者の異動・退職リスクに対応できません。ディーネットの運用代行はチームでの対応のため、こうしたリスクを回避できます。加えて、以下の機能も兼ね備えております。
    ・導入時には環境調査から行うため環境の構成要素を顕在化
    ・日々の対応を履歴として保管

FAQ(よくあるご質問)

  • 運用開始前のサーバへのログイン調査は必須でしょうか?

    OPEN

    CLOSE

    必須ではありません。
    しかし、適切な運用可否判断を行うため、可能な限りログインさせていただくことをお願いしております。

    FAQ(よくあるご質問)
  • EC2の対応OSや、RDSの対応エンジンはそれぞれ何ですか?

    OPEN

    CLOSE

    EC2…RHEL、CentOS、AmazonLinux2、WindowsServer(OSごとに対応範囲が異なります)
    RDS…MySQL、MariaDB、PostgreSQL、Aurora、SQL Server

    FAQ(よくあるご質問)
  • 障害対応ではどのような対応を行ってくれますか?

    OPEN

    CLOSE

    事前に取り交わした要対応監視項目においてアラートを検知した場合、監視結果が正常応答となるよう対応いたします。
     例としまして、
     ・サーバハングアップ時の機器再起動
     ・DoS攻撃元の遮断
     ・異常応答時のサービス再起動
     ・高負荷発生時の原因特定/対処
     ・リソース逼迫時の原因特定/対処
     ・WEB応答遅延発生時のボトルネック特定/対処
     ・特定ログ出力時の報告
     ・クラウド環境で発生したイベントに応じた対応
     などがございます。

    FAQ(よくあるご質問)
  • サーバへの接続はどのように行われますか?

    OPEN

    CLOSE

    基本的にSSHやRDPで接続いたします。
    踏み台サーバを経由したログインなど環境に応じた接続も対応できますが、著しく接続が制限される環境では、運用範囲を限定することがございます。

    FAQ(よくあるご質問)
  • サーバのrootユーザを提供する必要はありますか?

    OPEN

    CLOSE

    sudoによる、rootと同等の権限を持つユーザをご用意いただけましたら、rootユーザは不要です。

    FAQ(よくあるご質問)
  • 連絡手段は何が有りますか?

    OPEN

    CLOSE

    電話およびメールです。
    その他手段をご希望の場合は別途ご相談ください。

    FAQ(よくあるご質問)
  • 問合せは誰からでも可能でしょうか?

    OPEN

    CLOSE

    テクニカルサポートにご連絡いただけるご担当者は、案件ごとに3名までと制限させていただいております。
    ご担当者の許可があれば、他の方からのお問い合わせを受け付けることも可能です。

    FAQ(よくあるご質問)
  • 営業時間中と時間外の連絡方法を分けることはできますか?

    OPEN

    CLOSE

    可能です。
    時間外は「土日及び平日夜間」としております。

    FAQ(よくあるご質問)
  • 監視項目はどのようなものがありますか?

    OPEN

    CLOSE

    多くの項目がありますので、詳しくは導入の際にご提案いたします。
    特別なご要望に応じた監視も可能ですので、ご相談ください。

    FAQ(よくあるご質問)
  • アラートの通知先は指定できますか?

    OPEN

    CLOSE

    アラートは弊社テクニカルサポートエンジニアに通知しております。
    ご希望がございましたら、アラートメールをお客様ご指定のメールアドレスに送信することが可能です。
    なおセルフマネージドプランの場合は、弊社では受け取らず、お客様ご指定のメールアドレスへの通知のみとなります。

    FAQ(よくあるご質問)